{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

《サイン本》『「日本に性教育はなかった」と言う前に ―ブームとバッシングのあいだで考える』堀川修平、柏書房

1,980円

送料についてはこちら

今度こそ、あらゆる子どもに性教育を、性の多様性に関する教育を届けるために!【本書の内容】2015年にはじまる「LGBTブーム」。そして2018年にはじまる「おうち性教育ブーム」。そうした流れの中で、性と性の多様性に関する教育の必要性が、改めて叫ばれている。しかし歴史を見れば、権利保障が前に進もうとするとき、それを揺り戻そうとする動きも前後して起こってきた。そんなバッシングがまかり通ってしまったために、性教育の機会が、性的マイノリティの居場所が、奪われてしまったこともある。そう、戦後の日本には、性教育をめぐって三度のバッシングがあった。そのとき、教員に限らない社会の人々は、何をして、何をしなかったのだろうか? 気鋭の教育学者がその歴史をひもときながら、バッシングを目の前にしたとき、私たち一人ひとりにできること、すべきでないことを考える一冊。【本書の見取図】三度にわたるバッシングの歴史をひもとく!◆80年代――萌芽期「性教協」という団体で、性の多様性に関する教育がすでに練り上げられ、実践されていた。◆90年代――スルーされたバッシング「官製性教育元年」が興るも、旧統一協会が「新純潔教育」を掲げ、性教協に対する批判キャンペーンを展開。◆00年代――燃え盛ったバッシング「七生養護学校」の性教育実践に対し保守派が批判を展開。裁判で教師側が勝利するも、以後、性教育はハレモノ扱いに……。◆10年代――失敗したバッシング「足立区立中学」の性教育実践に対し保守派が批判を展開。結果的に、いまに続く「おうち性教育ブーム」につながる。

セール中のアイテム