《10/16イベント無料招待つき》『「書体」が生まれる ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

《10/16イベント無料招待つき》『「書体」が生まれる ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』

¥3,630 税込

送料についてはこちら

《イベント無料招待つき》 〈美しい本〉編集実務勉強会004『「書体」が生まれる―ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』刊行記念トークイベント ◆書籍『「書体」が生まれる―ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』をマルジナリア書店でご予約・ご購入の方⇒参加費無料 ◆イベントのみ参加の方⇒参加費1000円  三省堂から2021年9月に刊行となった雪朱里さん『書体」が生まれる―ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』。辞書で有名な版元「三省堂」が明治からどのように書体制作に関わり、そのことが日本語の「書体デザイン」へどのように影響があったのかを、ベントン彫刻機という機械とそこに関わった人びとの描写を中心にひもとく記録と考察の本です。  本書に関して、デジタルフォントの時代から書体デザインにたずさわり、都市が独自に持っている個性や魅力をデザインに取り入れることでその都市らしさを具現化する「都市フォント」や、目的や用途にあわせて文字の太さやコントラストを微細に調整できる「フィットフォント」サービスの独自開発など、つねに新しい切り口や最新の技術でタイプデザインに取り組む鈴木功さん(タイププロジェクト)と、著書の雪朱里さんに、本書について、また、歴史を自身の最新の仕事にいかに結びつけるのかについてお話しいただきます。 ゲスト 鈴木功(タイププロジェクト代表、タイプディレクター)、雪朱里(ライター、編集者) 開催日程 2021年10月16日(土)15時~(約90分予定) 会場 (配信のみ) 〈プロフィール〉 鈴木功(すずき・いさお) タイププロジェクト(株)代表/タイプディレクター。 愛知県立芸術大学デザイン学科および武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科講師。1967年名古屋生まれ。愛知県立芸術大学デザイン科卒業。1993から2000年までタイプデザイナーとしてアドビシステムズ株式会社に勤務。2001年にタイププロジェクトを設立し、2003年にAXIS Fontをリリース。2009年には都市フォント構想を発表し、2019年に金シャチフォント 姫をリリース。ウエイト・字幅・コントラスト・フトコロの4軸をそなえたTPスカイファミリーをはじめ、独自のコンセプトで開発したフォントをTPコネクトで提供中。そのほか国内外のコーポレートフォントを数多く手がける。 雪朱里(ゆき・あかり) 『「書体」が生まれる』著者。ライター、編集者。 1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『時代をひらく書体をつくる。――書体設計士・橋本和夫に聞く 活字・写植・デジタルフォントデザインの舞台裏』『印刷・紙づくりを支えてきた 34人の名工の肖像』『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)など。一部執筆書籍に『一〇〇年目の書体づくり――「秀英体 平成の大改刻」の記録』(大日本印刷)など、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。 【書籍内容】 https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dict/ssd34915 かつて、活字のデザインは、ごく限られた天才=「種字彫刻師」の頭の中にのみあるものだった。 現代の「書体デザイン」につながる手法を伝えたのは、辞書の「三省堂」とベントン彫刻機だったのだ。 これは、「書体」が生まれるその舞台裏で奔走したひとびとの記録である。 この書籍は、三省堂辞書サイトでの連載「「書体」が生まれる—ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン」を書籍化したものです。書籍化にあたり、再構成・加筆し、書き下ろしを加えています。