{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

『人生論ノート』三木清 「戦争と人間、孤独」集その弐

1,760円

送料についてはこちら

※ 2024年8月上旬 発送予定

次回、8月上旬発送予定です。 「孤独であるとき、我々は物から滅ぼされることはない。」孤独を肯定した哲学者、三木清のベストセラーであり、人生を23の項目から見つめる思想の論稿集。 本書には「孤独について」という項も含め、40以上「孤独」という言葉が使われており、人生において孤独がいかに鍵となるものであるかを知ることができる。 「近頃私は死というものをそんなに恐ろしく思わなくなった」と始まる「死について」は、1937年、三木が40歳の時に発表。1941年8月に単行本『人生論ノート』として創元社から刊行、難解さも備わる書籍だが9月にはすでに3刷となるほど当時から広く受け入れられていた。同年12月に真珠湾攻撃で太平洋戦争がはじまり、1945年8月にポツダム宣言が受諾されたその後の9月26日に三木は拘禁されたまま獄死させられた。 ある時点の作品を、その後の著者の人生から遡及的に読むべきではないかもしれないが、世界中で戦争・紛争が起きている今の私たちが、三木の人生を知りながらこの本を読むことは避けられず、冒涜的とまでは言えないだろう。 「孤独が恐ろしいのは、孤独そのもののためでなく、むしろ孤独の条件によってである。」 私たちは、どのように人生と、孤独と、他者と向き合うべきか。 孤独の哲学を、今学ぶ。 企画「戦争と人間、孤独」集 全3冊 こんにちは世界。 私たちはひとりで生まれてひとりで死ぬ。 ひとりは寂しい。 それでも私は孤独を肯定する。 一、坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』 二、三木 清『人生論ノート』 三、小林えみ『孤独について』

セール中のアイテム