武田 麟太郎『蔓延する東京 都市底辺作品集』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

武田 麟太郎『蔓延する東京 都市底辺作品集』

残り1点

¥3,850 税込

送料についてはこちら

関東大震災からの復興をとげた、1930年代の東京。都心から周縁部へと蔓延してゆく不良住宅、工場街、そして貧困。戦争に突入する《非常時》にあって帝都の底辺をアクチュアルに描き出し、ファシズムと対峙した小説家、武田麟太郎の都市文学を集成する。 これはメガイベントで再開発が進む、日本の首都の未来図なのか? ◎発表時に削除され、これまで幻とされていた『文藝春秋』版「暴力」を初収録。