{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

《24/03/08会場参加用》トークイベント「時を超えた バックラッシュ」高井ゆと里 田代美江子 松岡宗嗣

880円

※こちらはダウンロード商品です

240308meet.pdf

562KB

こちらは会場参加申込用のアイテムです。 約20年前「男女共同参画」や「ジェンダー」へのバックラッシュが日本を覆いました。性教育が大きな争点とされ、過激なことを教える、男女の違い否定するといった、不安や脅威をあおる言葉が、マスコミや政治家の口を通して振りまかれました。現在、包括的性教育に対する、よく似たバックラッシュが訪れています。それは過去の再来でもありつつ、しかし今回は、LGBTQ+とりわけトランスジェンダーの存在が大きな焦点とされています。トランスヘイト言説の拡大に伴い、性教育へのバッシングも加速しているのです。また20年前とは違って、グローバルな運動の影響も受けてもいます。 『Q&A多様な性・トランスジェンダー・包括的性教育 バッシングに立ちむかう74問』の編著者であり、“人間と性” 教育研究協議会代表理事でもある田代美江子さんは、2つのバックラッシュを生きる時代の証人です。このイベントでは、同書の編著者でもある一般社団法人fairの松岡宗嗣さん、そして『トランスジェンダー入門』の共著者である高井ゆと里さんが、田代さんと共にバックラッシュの今昔について語り合います。 性の在りかたの違いをめぐって、誰も差別されないこと。性についての適切な知識に、人生の必要なタイミングでアクセスできること。それは人間の権利です。このイベントを通して、この社会で脅かされようとしているもの、そして本当に大切なこととは何かについて、ともに考えましょう。 『トランスジェンダー入門』『Q&A多様な性・トランスジェンダー・包括的性教育』刊行記念トークイベント 「時を超えた バックラッシュ」高井ゆと里 田代美江子 松岡宗嗣 3/8(金)19:00-20:30 会場参加・オンライン参加 有り 両方ともアーカイブ視聴可 高井ゆと里(たかい ゆとり) 倫理学者、群馬大学准教授。訳書にショーン・フェイ『トランスジェンダー問題 議論は正義のために』(明石書店)、著書に『ハイデガー 世界内存在を生きる』(講談社選書メチエ)、周司あきらとの共著に『トランスジェンダー入門』(集英社新書)がある。 田代美江子(たしろ みえこ) 埼玉大学教育学部教員、一般社団法人“人間と性” 教育研究協議会代表幹事。専門はジェンダー教育学、近現代日本の性教育史、ジェンダー・セクシュアリティ平等と教育。共著に『ハタチまでに知っておきたい性のこと』(大月書店)、『実践 包括的性教育』(エイデル研究所)、『教科書にみる世界の性教育』(かもがわ出版)ほか。 松岡宗嗣(まつおか そうし) 一般社団法人fair代表。Yahoo!ニュースほか、多くの媒体で多様なジェンダー・セクシュアリティに関する記事を執筆。著書に『あいつゲイだって アウティングはなぜ問題なのか?』(柏書房)、共著に『LGBTとハラスメント』(集英社新書)、『子どもを育てられるなんて思わなかった』(山川出版社)ほか。

セール中のアイテム