{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

《予約受付中》京極夏彦『了巷説百物語』

4,400円

送料についてはこちら

※ 2024年6月中旬 〜 2024年6月下旬 発送予定

<化け物遣い>御行の又市。 <洞観屋>稲荷藤兵衛。 彼らが対峙し絡み合う、過去最大の大仕掛けの結末は――? 文学賞3冠を果たした<巷説百物語>シリーズ堂々完結! 下総国に暮らす狐狩りの名人・稲荷藤兵衛には、裏の渡世がある。凡ての嘘を見破り旧悪醜聞を暴き出すことから<洞観屋(どうかんや)>と呼ばれていた。ある日、藤兵衛に依頼が持ち込まれる。老中首座・水野忠邦による大改革を妨害する者ども炙り出してくれというのだ。敵は、妖物を操り衆生を惑わし、人心を恣(ほしいまま)にする者たち――。依頼を引き受け江戸に出た藤兵衛は、化け物遣い一味と遭遇する。やがて武蔵晴明神社の陰陽師・中禪寺洲齋と出会い、とある商家の憑き物落としに立ち会うこととなるが――。

セール中のアイテム