ジャン=ミシェル・バスキア『バスキアイズムズ』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ジャン=ミシェル・バスキア『バスキアイズムズ』

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

再評価がすすむバスキアの、言葉をあつめた1冊 ZOZOTOWNを設立した実業家であり、アートコレクターとしても有名な前澤友作氏が、過去最高額123億円で落札したことで日本でも久しぶりに話題となったジャン=ミシェル・バスキア。 27歳という若さでこの世を去るという短い生涯にもかかわらず、3,000点を超すドローイング、1,000点以上の絵画作品を残しました。 ジャズ、ヒップホップ、アメリカ民俗や人種問題などを主題に、1970~80年代の黒人アーティストならではの視点で作品を発表し、NYのアートシーンに革新をもたらしたバスキアは、いまなお多くのアーティストに影響を与え続けています。 本書は、バスキアのインタビューや記事、会話の録音記録など様々な資料からおよそ200の言葉を集めた『Basquiat-isms』(2019,Princeton Univ Pr, Edited by Larry Warsh)の邦訳本。 彼の極めて詩的で独特な思考の過程を辿ることができる1冊です。 【本書より抜粋】 “描けば描くほど、すべてを好きになっていく” “僕は、僕であり、僕なんだ” “悪ガキだと思われていることを楽しんでいる。最高だよ” “グラフィティがさも新しいもののように思われて、 功績を認められている連中がいるけど、 それはもう5軍というか、10軍ぐらいのものさ” “僕はアートについて語るのが好きじゃない” https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784568202762