{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『 まちで生きる、まちが変わる つくば自立生活センター ほにゃらの挑戦』柴田大輔、夕書房

2,200円

送料についてはこちら

「助けられる存在」から「まちづくりの主人公」へ。 重度障害者が拓く、インクルーシブ社会への道 70年代に国家プロジェクトとして建設された「筑波研究学園都市」(茨城県つくば市)の片隅で、重度身体障害者たちによるインクルーシブな社会への挑戦が20年以上にもわたって行われてきたことは、あまり知られていない。 本書は、いつ、どこで、誰と、何をするのかを自分で決める暮らしを、障害の重さにかかわらず実現するための当事者団体「つくば自立生活センター ほにゃら」をめぐる物語だ。 「ほにゃら」に魅せられ、介助者としてもかかわるフォトジャーナリストが、当事者と支援者を丹念に取材。かれらの物語の中に、障害者の現実と闘いの軌跡、そして誰もが住みよいまちづくりのヒントを見出していく。 障害者たちが「まちで生きる」ことによって、まちは確実に「変わっていく」。 インクルーシブ社会に関心がある人、生きづらさを抱えた人必読、「行動すれば、社会は変わる」と思える1冊。

セール中のアイテム