{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『病気にならない食う寝る養生』櫻井大典 #ケア本

¥1,595 税込

送料についてはこちら

結局、「食べて寝る」のが最強の健康法! 予約の取れない人気漢方家・櫻井大典さんが、不調を改善して病気にならないための、食事と睡眠の新常識を教えます。 「水を1日2リットル」「朝食に野菜サラダとヨーグルト」「主食は玄米」「一年中、決まった時間に起きる」「ぐっすり昼寝する」……それ全部、“あなたには”合いません! 人の体は食べたものと睡眠でできています。 細胞は周期の短いものだと数日、長いものでも数年で入れ替わります。今のあなたの体をつくっているものは、数年経ったらほぼすべてが入れ替わり、まったくの別人に生まれ変わっていると言ってもいいのです。 細胞は摂取した食べ物からつくられ、体の回復はおもに睡眠中に行われます。 そう聞くと、食事と睡眠が重要だと感じませんか? また、人の体をめぐる気(エネルギー)や血や水も、もちろん食べたものと睡眠でつくられます。 気・血・水のバランスが崩れると、体の不調だけでなく、心の不調も起こりやすくなります。 だから、食事と睡眠は、体調はもちろん、メンタルにも大きく影響するのです。 食事と睡眠をよくすれば、不調が消え、心も安定し、病気にならない体を手に入れることができます。 ただ、巷で流行っている「毎日○○を食べて健康になる」などの健康法すべてが、あなたに合うとは限りません。むしろ、合わないことのほうが多いくらいです。 本当の「体にいい食事」とは、「あなたの体質や今の体調、ライフスタイルに合った食事」です。 では何が、あなたに合った食事なのか? 本書を読めば、それがわかります。 年間数千件、延べ4万件以上の健康相談を受け、人それぞれの違う悩み(不調、症状)に寄り添ってきた著者だからわかるのです。 ここまで聞くと、「漢方家のすすめる食事や睡眠って、いろいろ我慢してストイックに頑張らないといけないのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 それどころか、ゆるくて拍子抜けするくらいです。 でも、ゆるくて簡単だからこそ、挫折しないで続けられるし、結果、健康になれるのです。 果報は食べて寝て待て。 簡単で、ゆるく実践できる「体も心も劇的に変わる食事と睡眠」を、ぜひあなたも知ってください。

セール中のアイテム