武邑 光裕『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

武邑 光裕『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』

¥2,970 税込

送料についてはこちら

「プライバシーの死」は加速する!? 「デジタル庁」「データ戦略」等、デジタル国家へと急旋回する日本社会に向けた警告の書、緊急刊行!個人データが収集されていることを知りながら、嬉々としてデジタルツールを使い続ける。「プライバシー」をめぐって矛盾した行動を取り続けるわたしたちは、すでに「プライバシーの死」を受け入れているのか? 「プライバシー・パラドックス」といういま最も困難な問題を、メディア美学者の武邑光裕が、欧州の歴史を縦横にたどりながら解き明かす!データビジネス、データガバナンス関係者は必読!(編集担当:黒鳥社 若林恵) https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784991126031