竹田信弥『めんどくさい本屋―100年先まで続ける道』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

竹田信弥『めんどくさい本屋―100年先まで続ける道』

残り1点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

本屋をやるのは、誰かのため? 自分のため? 本のため? 答えは出なくても、もし100年後に本屋という場所そのものがなくなってしまっているかもしれないのなら、どんな手段を使ってでも、ぼくは自分の本屋を生き残らせる。 青臭くて遠回りで、やることばかり増やしてしまって右往左往。それでも本屋のためになることなら、どんなことにでもトライし続ける。東京・赤坂の選書専門書店『双子のライオン堂』から本と本屋の未来を築く、たいそう「めんどくさい」店主のこれまでとこれから。 刊行 本の種出版 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907582210